ローマの休日50周年記念 デジタルマスター版

サイト画像

オードリー・ヘプバーンとファッション

オードリーヘプバーンのファッションは、シバンシー抜きでは語れません。

ユベール・ド・ジバンシィとオードリー・ヘプバーンはパリのクチュリエ、ユベール・ド・ジバンシィで、ふたりが出会ったのは1953年のことです。オードリー24歳、ジバンシィは会社を設立したばかりの、まだ26歳の青年でした。

ローマの休日の後、第2作目は「麗しのサブリナ」でした。衣装を作るために、彼女はパリのジバンシーを訪ねるのですが、ジバンシーは「ヘップバーン」が来るというので、「キャサリンヘップバーン」が来ると思って楽しみにしていました。しかし、ドアをあけて入ってきたのは、オードリーでした。彼は失望しました。当時、一流女優として有名だったのは、キャサリンヘップバーンだったからです。しかし、彼の失望はすぐに驚きと喜びに変わりました。彼のデザインした服を、オードリーは完璧に着こなしていたのです。この、ジバンシーとの出会いがなかったら、オードリーもここまで輝かなかったかもしれません。ジバンシーなしでは彼女の映画は語れないと思います。それ程、ジバンシーの衣装はオードリーを引き立てました。

世界旅行に行きたい!
アドデザインでは競合分析を経てどうすれば競合先にアドバンテージをとれるか、施策やコンテンツ等、総合的な戦略部分での企画提案も可能です。弊社へののご相談お待ちしております。

「麗しのサブリナ」の衣装を選ぶためにメゾンを訪れ、はじめてユベールに会った時に、前作「ローマの休日」で得たギャランティでジバンシィのコートを購入したことがある、と彼に打ち明けたといわれています。
この日以来、ユベールとオードリーの公私にわたる友情は生涯続きました。
この作品の中で彼女が着ていたトレアドルパンツにフラットシューズは大評判になり、サブリナルックとして日本でも大流行しました。

1950年代では、ハリウッド映画の世界では、女性はグラマラスかエレガントであるか、ともあれ「大人の女」であることがスターの条件でした。その時代のスターにはエリザベス・テーラーやグレース・ケリーの名前が上がります。そんな時代にひとりの女性が、まったく新しい時代の到来を予感させるスターとして輝きはじました。長身ながら華奢な身体に少女のような清楚な風貌。それは来るべき60年代、女性の美の規範となっていくモダーンでシンプルなスタイルを最も先駆的に体現したものだったのです。そんな彼女のスタイルをつくりだしたのが、以後、ジバンシィにとってオードリーは美のミューズとなり、オードリーは、自身の細すぎる身体をきれいにまとめてくれるこの青年を自分のスタイルへの最良の理解者と考えるようになった。

「麗しのサブリナ」では、ジバンシィの衣裳も観客を魅了しましたが、彼の名はクレジットされていません。なぜでしょうか?!
「麗しのサブリナ」の物語は、富豪のお抱え運転手の娘を演じたオードリーの衣裳は「サブリナ・パンツ」と呼ばれるようになるシンプルなスタイルで始まります。この映画の衣裳デザインでオスカーを取るイーディス・ヘッドによるものです。ところが貧しい娘はパリで花嫁修業をして見違えるようなエレガントな女性となって帰ってきます。そうです。このパリから帰国するシーンから後半はジバンシーが担当したのです。このときの服は監督ビリー・ワイルダーがオードリー自身にパリで買わせたもので、心酔するジバンシィのスーツでした。
この映画では、白のカクテル・ドレス、「デコルテ・サブリナ」と呼ばれるようになる黒のカクテル・ドレスが登場しますが、ともにジバンシィがオードリーのためにデザインしたものです。しかし「ローマの休日」でも衣裳を担当し、オスカーを取ったイーディスにとっては、自分の衣裳デザインの世界に他者が入り込んでくるのは、我慢できるものではなかったのです。「麗しのサブリナ」の衣裳デザインのクレジットにジバンシィの名がないのは、彼女が頑強にこれを拒否したからだといわれています。

「麗しのサブリナ」「昼下がりの情事」「パリの恋人」「ティファニーで朝食を」「シャレード」「パリで一緒に」「お洒落泥棒」「華麗なる相続人」の8作で、ジバンシーは衣裳を手がけています。

ジバンシィはショーのたびにオードリーのために特別席を用意し、オードリーもジバンシィ一辺倒のスタイルを守り続けました。やがてジバンシィは60年代モダーン・スタイルの旗手となりました。「ティファニーで朝食を」でのオードリーのダブルのワンピースなど、その真骨頂と言ってもいいと思います。
オードリーの清楚な美しさは、希有なものだが、その美の幾割かは、ジバンシィのモードが担っていたといえるかもしれない。「おしゃれ泥棒」では、作業服姿に変装したオードリーをピーター・オトゥールが、次のようにからかう洒落たシーンがあります。
「これでジバンシィの服が休める」。
それほどにこのふたつの固有名詞は堅く結びついていたのです。ユベールの理想の女性像を体現し、想像力を刺激する、あらゆる魅力を兼ね備えたミューズがオードリー・ヘップバーンでした。そして、この時代の標準的な、物憂げで活気のない女性とは対照的に、現代的で意志や知性を感じさせ、若々しさに溢れていたオードリー。彼女もまたユベールのエレガンスに魅せられたひとりでした。

ジバンシーは後に香水を創るのですが、これまたオードリーと関係があるのです。ある時ジバンシーがオードリーに「あなたのイメージの香水をつくったら」ということで、賛成をもらい創ったのがオードリー・ヘップバーン専用のランテルディだそうです。名前の由来が遊び心があって、「これは、オードリーの為の特別製なので、あなたがたは使用禁止」という願いを込めてランテルディ、つまり「禁止」と付けたのだそうです。だれでも「これはだめよ」と言われれば言われるほどほしくなるもので、実際に発表すると同時に爆発的人気で大成功を収めたということです。そして、今でもランテルディは大変人気のある香水の一つになっているのです。そして、オードリーはジバンシーからイザティス(1000の魅力をもつというメッセージがこめられている香水)を試してみる?と言われても最後までランテルディを使い、その香りが身体の一部とまで言ってたそうです。

ヘップバーンスタイルを極める!
学生向け物件多数!自分で探すより優和住宅!市川市 土地情報は優和住宅へ!

2013 roman-holiday.jp